練習日誌

キック!

ロックステディボクシングという名前なので、ボクシングだけだと思われがちですが、蹴りも出してしまいます。RSBアメリカ本部でもキックを使った練習を取り入れていて、元キックボクサーのジョンコーチが指導しています。なんとジョンコーチのお兄さんは、あの藤原敏男さんと対戦したマニー・ジョンストンさんというから驚きです。

いつものようにボクシングの基本練習とステーションが終わったら、ミット打ちにキックを混ぜました。大きくステップしながらスタジオをジグザグに移動してコーチの所まで来てから、思い切り右のストレートを三回、そのあとすぐにローキック(相手の足を蹴飛ばすキック)を三発出します。はじめは遠慮がちにミットを蹴っていたボクサーたちも、最後には「スッキリするね!」と笑顔で蹴りを入れてくれました。これはストレス解消になりそうですので、これからもたくさんキックミットを使って練習しましょう。

写真はステーションの様子です。Y字の形の道具を投げてキャッチボールをするのですが、今日は片足で立ったままキャッチボールしてもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です