練習日誌

コグニサイズに挑戦

仙台のお天気は快晴でした。
体験にきてくれた方も加わって、にぎやかな練習になりました。

今日のトレーニングでは、コントロールPDでも紹介されていたコグニサイズの要素をいくつか取り入れてみました!コグニサイズは、英語の認知(Cognition)と運動(Exercise)から生まれた用語で、認知機能を鍛える脳トレ的なものと通常のエクササイズをミックスしておこないます。

なんだか難しそうに聞こえますが、いつもの運動にちょっと変化を加えるだけです。

写真のような数字が書いてあるゴムプレートを配置して、中央に立っているボクサーにパートナーが数字や色を2つ3つ言います。ボクサーは言われたプレートを順番に踏むだけの単純な運動ですが、パートナーが不意に数字を英語にしたり、色と数字を混ぜて伝えたりするため、なかなかいい脳トレになります。今日はさらに、スプーンの上にピンポン玉を乗せ、ピンポン玉を落とさないようにバランスをとりながら足を動かすというトレーニングにしました。


2枚めの写真はいつものラダーですね。何度もこの運動をやって慣れているメンバーには、3桁の数字を2、3ずつカウントアップしながら進むという多重タスクにも挑戦してもらいました。例えば100からスタートした人は「102, 104, 106, 108…」のように足し算をしながらラダーの中を進みます。脳トレしながらの運動は中々大変ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です