練習日誌

新メンバーが加わりました

RSB仙台に新しいメンバーが加わりました!
最近のトレーニングは、動けるボクサーに合わせてどんどん運動量が増えているので、初めての人には少し大変だったと思います。ただ、そんな状況でも最後の筋トレではフクちゃんにも負けない腕立て伏せを見せてくれました。これからがんばりましょう!

さて、RSBでは毎回の練習で「ステーション」というトレーニングを行っています。
これはスタジオを5つから6つの場所に区切り、それぞれをステーション1,2,3…というふうに分けます。1つ1つのステーションでは仲間とペアになっていろいろな運動を行なっています。

今日行ったステーションのうち2つをご紹介します。

1つ目はプランクドミノ。

1分間プランクをした状態のまま、片手を伸ばしてドミノをそろえます。普通にプランクしているだけでも大変ですが、その上に片手で身体を支えてドミノをするという荒業。みんなプルプルしながら、ドミノを倒してしまったり、パートナーのドミノをわざと倒したり、大笑いしながら身体を鍛えます。

2つ目はボール叩きつけキャッチボール。新メニューです。

二人で向かい合った状態になり、跳ねにくい柔らかいボールを床に叩きつけてパートナーにパスします。このときの投げ方は、大きく振りかぶって背筋を使いながら、大声で叫び声を上げます。みんな最初は「ぎゃあー!」とか「うおぉー!」と叫んでいたのですが、そのうち「じゅんちゃーん!」とか「フクちゃーん!」とか仲間の名前を叫びだす人も。身体を動かしながら仲良くなれそうなエクササイズですね。

ボクサーのみなさん、今日もお疲れさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です